不用品の処分に利用しよう!ネットオークションの使い方

値段設定は慎重に

商品の値段を決めるには

​商品の妥当な金額はどうやって決めれば良いのでしょうか。
売るためには高すぎてもいけないし、しかし利益を出すためには低すぎてもいけません。
妥当な金額を設定するには、まず自分の商品と同じ商品を検索し、他のユーザーがいくらで出品しているか確認することが有効です。
相場を確認し、ライバルたちよりも低めに設定すれば入札してもらえる可能性は高くなりますね。
しかし商品の質や元値などを見比べてみて、もし自分のほうが質の良いものだと思ったのであれば、少し強気の値段設定でも良いかもしれません。
出来るだけ早い不用品の処分か、それとも少しでも利益を出すことなのか、どちらをより優先するのかよく考えてから出すと良いでしょう。

値段の決定の工夫

​購入者たちがシビアに考えるのが、商品を落札した後の送料です。
せっかくお得な値段で競り勝って落札できても、送料がかかるようでは意味がないと考え、最初からそういった商品には手を出さない人もいます。
ならば、商品の値段は送料込みにし、送料無料だとアピールして入札数を増やしましょう。
送料込みの場合、それでも利益を出すためには値段設定が難しくなりますが、ユーザーにはとても注目されますのでやってみる価値はあります。

もし不要品がいくつかあり、早急な処分を優先するならば、それらをまとめて出品するセット販売という方法もあります。
まとめて落札してもらう分、送料は割引きをするなどいくつかサービスを考えると、家から早く処分することができるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る